NEWS
INFO
2017.03.25 Sat
安全に関する重要なお知らせ (2017年1月6日改定)
弊社ビアンキブランド製品の中で、フルカーボンフォークを採用しているモデルにつきまして、ステムの取り付け方によっては、フォークが破損し重大な事故につながる恐れがあります。

適切な方法は、ステム上部に5mmのスペーサーが1枚のみ取り付けられ、その上からトップキャップが締め込まれている状態です。
※詳細は本ページ下部リンクりジャンプする「フルカーボンコラムへのコンプレッションデバイスの取り付け方法について」をご確認下さい。

もしご利用いただいているバイクのステム上部にスペーサーが取り付けられていない場合、また5mm以上のスペーサー(10mm等)が取り付けられている場合、ご乗車はお控えいただきますようよろしくお願い致します。

フォークが適切に取り付けられている場合は、問題なくご乗車いただけます。


ステム上部にスペーサーが取り付けられていない場合、また5mm以上のスペーサー(10mm等)が取り付けられている場合は、下記のようにご対応いただけますようお願いいたします。

・フォークを取り外し下記の画像のような損傷または破損の有無をご確認下さい。

・損傷または破損が確認できた場合、お買い上げ頂いた販売店にご連絡いただき、代替フォークの手配を行って下さい。(代替品の詳細、納期等につきましては決定し次第ご案内させていただきます。)

・傷の有無の判別に自信がない場合は、お買い上げ頂いた販売店に自転車を持ち込み検査を依頼してください。破損または損傷が発見された場合、販売店を通して弊社に返送して頂きますようお願いいたします。

画像例(損傷がある場合)
 





画像例(損傷が無い場合)


 
代替品の詳細、納期等につきましては決定し次第ご案内させていただきます。
皆様にご不便・ご心配をおかけしておりますことを、深くお詫びいたします。 

CICLEUROPE