NEWS
RACE
2019.07.31 Wed
2019 ツール・ド・フランス 第21ステージ クライスバイク選手,総合3位有終の美を飾る!!!

多くの激闘を繰り広げてきた第106回ツール・ド・フランスも最終ステージを迎えました。 ステージ21ランブイエ~パリ128km)は、全ての参加選手に惜しみない喝采と称賛を受けながら、ラストランを行いました。 エッフェル塔や、凱旋門を望みながら、ディラン・フルーネヴェーヘン選手が2位でゴール、今大会5度目の表彰台に登りました。

総合優勝争いでは、同じくチームメイトのクライスバイク選手が3位を獲得する快挙を成し遂げました。

今大会のTeam Jumbo-Vismaの活躍を支えてたのが、Bianchiが誇る振動除去システム“カウンターヴェイル”を搭載したマシンの恩恵が大きな要因になっているのは、間違いありません。 “カウンターヴェイルはNASAから公認を受けている技術であり、通常のカーボンに比べて、振動の約80%を除去し、身体に伝わる衝撃を約3割減らせるという特徴を持っており、実際に実験の結果証明されています。 ワールドツアーにおいては、ステージごとの路面状況は千差万別であり、いかにゴールラインを切るまで、体力を温存できるかが勝負の分かれ目になります。 その厳しいレースでこれだけの実績を残せているのがBianchi の誇るハイエンドトップロードマシンである”OLTRE XR4”です。 

レースで勝つための生まれてきたこのマシンと共にTeam Jumbo-Vismaはさらに勝利を積み重ねていくでしょう。

ぜひ、あなたもこの衝撃を、直営店及び全国のBianchi 正規ディーラーで体感してみてください。

CICLEUROPE